足のこと

なぜふくらはぎはむくみやすいのか

ふくらはぎのむくみは男性女性問わず、身近にある憂鬱な悩みのひとつです。そもそも、ふくらはぎは何故むくみやすいのでしょうか?

ふくらはぎがむくむ仕組み

ふくらはぎがむくむ仕組み

人は生きていくために酸素や栄養素を必要とし、それらを全身に運ぶ重要な役割を担うのが血液です。

血液は心臓から出発して、栄養や酸素を届けながら老廃物などを回収して再び心臓に戻ってきます。上半身は心臓の働きで血液循環が促進されますが、心臓から遠い下肢は、重力の関係もあって心臓の働きだけで血液をスムーズに循環することができません。そのため、ふくらはぎの筋肉の収縮によって下肢の血液循環を促し、心臓の働きを補助しているのです。この働きは乳搾りのように見えることから「ミルキングアクション」とも呼ばれています。

下肢に集まる血液の70%を心臓に戻すように働いているふくらはぎですが、何らかの原因でふくらはぎの働きが低下すると、下肢に血液やリンパが停滞してむくみが生じてしまうのです。このことから、ふくらはぎは身体のなかでも特にむくみやすい部位とされています。

ふくらはぎのむくみの原因とは

ふくらはぎのむくみには様々な原因がありますが、主な原因には下記のようなものが挙げられます。

疲労

疲労

疲労が蓄積すると、内臓や器官など様々な機能が低下します。これは、ふくらはぎの働きも例外ではありません。疲労により「ミルキングアクション」の働きが低下することで、必然的に余分な水分や老廃物が溜まり、むくみを引き起こします。

長時間の同一姿勢

仕事などで長時間の座りっぱなし、立ちっぱなしで筋肉を動かさないでいると、「ミルキングアクション」の機能が十分に働きません。その結果、血液やリンパの流れが悪くなり、むくみが生じやすくなります。

筋肉の衰え

運動不足や加齢によってふくらはぎの筋肉が衰えると、比例してふくらはぎの働きも衰えます。水分や老廃物の回収・排出がうまくできず、むくみの原因となります。

上記のほかにも、塩分の過剰摂取、冷えなどもむくみを引き起こす原因です。ふくらはぎのむくみを放置すると、セルライトになったり足が太く見えたりと良いことはありません。早めに解消して、すらっとキレイな足を手に入れましょう。むくみ解消には、ふくらはぎを動かしたり生活習慣に気をつけたりすることが大切です。また、リフレクソロジーオイルトリートメントでふくらはぎをケアすることもおすすめです。

郡山市でリフレクソロジーを受けるなら、ぜひCandidlyOneをご利用ください。CandidlyOneでは、足裏から膝下までしっかり施術するリフレクソロジーもご用意しており、ふくらはぎのむくみ解消をお手伝いいたします。
リフレクソロジーのほかにもかかと角質ケア、ネイルケアなどのメニューもご用意していますので、足のお悩みに合わせてお好きなメニューをお選びいただけます。

gotop